ひたちの整形外科
2016.9.29 腰痛教室開催しました
コラムをお読みいただきありがとうございます。
理学療法士の嶽本(たけもと)です。
記念すべきコラムVol.1は、先日開催した、
『第1回ひたちの整形外科講座 腰痛教室-特異的腰痛と非特異的腰痛-』
についてです。
 腰痛は日本人の9割が一生のうちに一度は経験するといわれ、厚生労働省研究班の調査では、日本人の4人に1人、約2800万人超が腰痛に悩まされていると報告されています。
 腰痛は診断の観点から、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などに代表される、X線画像やMRI等による画像診断が可能な“特異的腰痛”とそれ以外の“非特異的腰痛”に大別されます。その割合は、特異的腰痛が15%、非特異的腰痛が85%といわれ、実は画像上はっきりと診断がつかない腰痛の方が多く存在しています。
 今回の腰痛教室では、様々な腰痛の種類や原因、セルフコンディショニング方法などについてお話させていただきました。
 ご参加くださった皆様、誠にありがとうございました。
 今後もいろいろと企画していきますので、乞ご期待!
2016-09-29_13-31-53_968
2016-09-29_13-39-08_390
2016-09-29_14-56-32_042
2016-09-29_22-29-23_0002
2016-09-29_22-29-29_0002
2016-09-29_22-29-50_0002
Copyright © HITACHINO ORTHOPEDIC CLINIC. All right reserved. web design/LisoCreation
↑Top↑